RockzGoodsRoom >

 Rockz のおすすめの音楽や映像を紹介する部屋です。

Last Update 2020/08/12

   


  

THE BEST OF THOMPSON TWINS / THOMPSON TWINS
2002年に日本限定版で編集された、イギリスのバンド、トンプソン・ツインズのベスト盤です。
80年代に、"Hold Me Now"、"Lay Your Hands on Me"などのヒットが生まれましたね。
ちなみに、TWINSだからといって、双子がいるわけではないです。
1993年に解散しましたが、今でも聴いてていいですよー。
ビートルズの"Revolution"のカバーもカッコイイんです。

In The Glamorous Life / Sheila E.
父がサンタナやアステカのパーカッション奏者として活躍したピート・エスコヴェードである、プリンス・ファミリーのシーラ E.が1984年にリリースしたデビューアルバムです。
プリンス色濃厚な一枚ですねー。
彼女自身もパーカッション奏者で、その演奏がまたカッコよかったのです。
"The Belle of St. Mark"、"The Glamorous Life"と今聴いてもいい曲ですねー。

THE FINAL COUNTDOWN / Europe
北欧メタルの草創期から活動する、スウェーデン出身のハードロック・バンド、ヨーロッパの、1986年リリースの3rdアルバムです。
彼らの最大のヒット曲、"The Final Countdown"が収録されています。
個人的には、それまでの2作品のほうがポップ調が少なくていいんですけどね。
BON JOVIがライバル視していたという話も。

Welcome to the Real World / Mr.Mister
ロサンゼルスをベースに活動していた敏腕スタジオ・ミュージシャンたちによるバンド、ペイジズを前身とした、リチャード・ペイジ(vo/b)とスティーヴ・ジョージ(key/sax)を中心に結成された4人組、Mr.Misterが1986年にリリースした2ndアルバムです。
"Broken Wings"、"Kyrie"の2曲が連続して全米No.1となる大ヒットを記録しました。
リチャード・ペイジは、TOTOやシカゴのボーカルに誘われたほどの方ですが、結局バンドとしてのヒットはこの1枚だけで1990年に解散しました。

Whenever You Need Somebody / Rick Astley
1987年にリリースされた、リッチー&ビューティーな歌声を持つ、リック・アストリーのデビューアルバムです。
当時流行りましたねー。バブリーな時にディスコでよく流れていました。
ストック・エイトキン・ウォーターマン(SAW)プロデュースのアーティストはこの当時よくヒットしました。
"Never Gonna Give You Up"、"Together Forever"と大ヒットしましたね。

Knee Deep in the Hoopla / Starship
Jefferson Airplaneから分離した、Starshipの1985年リリースのデビューアバムです。
"We Built This City"、"Sara"とヒット曲が生まれましたねー。
1990年解散してしまいましたが、他にもいい曲が多かったです。
今聴いても色あせていない一枚です。
Big Bam Boom / Daryl Hall & John Oates
1984年にリリースされた、ダリルホール&ジョンオーツの通算12枚目のアルバムです。
ダブルプラチナアルバムになりました。
"Out of Touch"、Method of Modern Love"、"Possession Obsession"などヒットしましたねー。いいアルバムでした。

She's So Unusual / Cyndi Lauper
シンディー・ローパーが1983年にリリースしたファーストアルバムです。
"Girls Just Want to Have Fun"、"Time After Time"など、いい曲いろいろありましたねー。
True Colors / Cyndi Lauper
1986年にリリースの、シンディ・ローパーの2ndアルバムです。
"True Colors"をはじめ、シングルカットのヒット曲がありましたね。
"True Colors"は、1998年にフィル・コリンズがカバーしたりしていました。
80年代はいいねー。


  

Gremlins(邦題:グレムリン)
(Sta:Zach Galligan、Phoebe Cates,Dir:Joe Dante 1984 Warner Bros.)

チャイナタウンの骨董屋で発明家ペルツァーが手に入れた不思議な動物モグワイ。彼はそれを息子ビリーへクリスマス・プレゼントとして贈りますが、モグワイには、水に濡らさないこと、太陽光線に当てないこと、真夜中を過ぎてエサを与えないことの3つの誓いが必要でした。
しかし、この誓いが破られた時、可愛いモグワイは恐るべき凶悪な怪物グレムリンへと増殖していきます。かくして平和な田舎町キングストン・フォールズは悪夢のクリスマスを迎えることになるのでした。
スピバーグが製作総指揮で入っています。
ギズモはかわいいんですけどねー。ファンタージと思いきや、パニック映画です。
当時劇場で鑑賞。
Black Rain(邦題:ブラック・レイン)
(Sta:Michael Douglas、Andy Garcia、高倉健、松田優作,Dir:Ridley Scott 1989 Paramount Pictures)

レストランで偶然にヤクザの殺人に出くわしたニューヨーク市警のニックとチャーリー両刑事は、その犯人・佐藤を逮捕し、日本に護送するが、大阪空港で逃げられてしまいます。
大阪府警の松本の監視下、警官としての権限の無いまま捜査に強引に加わろうとする彼らだったが、佐藤はそれを嘲笑うかの如く、自ら刺客となって2人の前に現れるのでした。
いやぁ、松田優作がいいですねー。カメラワークは、ヤン・デ・ボンがしていました。いいですねー。
出演者に、ガッツ石松、安岡力也、島木譲二なんてのもいて、道頓堀や、梅田阪急前でのシーンなど、なかなか楽しめます。

The NeverEnding Story(邦題:ネバーエンディング・ストーリー)
(Sta:Barret Oliver、Noah Hathaway,Dir:Wolfgang Petersen 1984 Warner Bros.)

いじめられっ子の少年バスチアンが、とある本屋で見つけた「ネバーエンディング・ストーリー」は、滅びゆく星のプリンセスを救うアトレーユという少年の冒険ストーリーでした。その本を読みふけるバスチアンは、いつの間にか、本の世界へと入り込みます。
カジャ・グーグーの元ボーカリスト、リマールの歌う主題歌が印象的でしたね。
ファンタジーものとしてはいい作品だったと思います。ファルコンは、竜ですが、どう見ても犬だったなぁ。
当時劇場で鑑賞。
Rain Man(邦題:レインマン)
(Sta:Dustin Hoffman、Tom Cruise,Dir:Barry Levinson 1988 United Artists)

高級外車のディーラーをしているチャーリーの元に自分を勘当した父の訃報が届きます。
遺産目当てに故郷に戻った彼でしたが遺産の300万ドルは見た事もない自閉症の兄、レイモンドの手に渡る事を聞かされます。なんとか金を物にしようとチャーリーは施設にいるレイモンドを誘拐まがいに連れ出し、ロスに戻ろうとします。
自由奔放な青年が重度の自閉症の兄と出会って心を開き、忘れていた愛情を取り戻して行く過程を描いた心暖まる感動のロード・ムービーです。
ダスティン・ホフマンはこの映画で2度目のアカデミー主演男優賞を受賞しましたね。
当時劇場で鑑賞。

Flash Gordon(邦題:フラッシュ・ゴードン)
(Sta:Sam J. Jones,Dir:Mike Hodges 1980 20th Century Fox)

惑星モンゴを支配する悪の皇帝ミンによって天変地異に見舞われた地球は、10日以内に月と衝突する危機にありました。
そんな中、科学者のハンス・ザーコフは独自に和平交渉をするために自前のロケットでモンゴに向かおうとするが、そこに飛行機の不時着でたまたま居合わせたアメフトのスター選手であるフラッシュ・ゴードンと1人旅をしていた女性デイル・アーデンの2人も同行することになります。
かのジョージ・ルーカスも映画化を切望したアメコミお馴染みのヒーローの映画化。
QUEENの音楽がいいですねー。映像、ストーリーは・・・うーん。迷作だ(笑)
Fright Night(邦題:フライトナイト)
(Sta:Chris Sarandon,Dir:Tom Holland 1985 Columbia Pictures)

TVのホラー番組「フライトナイト」に目がない高校生チャーリーは、ある日、隣家に住む男たちの不審な行動を目撃します。なんと、男たちは美女の生血を吸い尽くすヴァンパイアだったのです。
誰からも本気にされず狼狽するチャーリーに、正体を知られた男たちの魔の手が迫ります。恋人エイミー、親友エドに助けを求めたチャーリーは、なぜか「フライトナイト」の役者=ヴァンパイア・キラーのピーターを引き連れ、壮絶な闘いに挑みます。
ホラーは観ないのですが、コメディーホラーということで当時観に行ってみました。
やっぱり、ホラー系は体質に合わない(笑)
J・ガイルズ・バンドの主題歌がよかったですね。
当時劇場で鑑賞。

Ford v Ferrari(邦題:フォードvsフェラーリ)
(Sta:Matt Damon、Christian Bale,Dir:James Mangold 2019 20th Century Studios)

1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマです。
ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社から依頼を受けた、元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは、常勝チームのフェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていました。
シェルビーは、型破りなイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらもマイルズをチームに引き入れます。
時間も資金も限られた中、二人はフェラーリに勝利するため力を合わせて試練を乗り越えていきます。
純粋にレースだけではなく、ヒューマンドラマも素晴らしく、これは引き込まれる映画ですね。
クリスチャン・ベイルの演技が見ものです。
劇場で鑑賞。
M.C. Escher - Het oneindige zoeken(邦題:エッシャー 視覚の魔術師)
(Sta:Stephan Fry、Graham Nash,Dir:Robin Lutz 2018 Robin Lutz AV Producties)

misenさんが好きな、トリックアートで世界的に知られるオランダ人版画家・画家マウリッツ・コルネリス・エッシャーの生涯、作品に迫ったドキュメンタリーです。
エッシャーの家族へのインタビュー、彼が遺した1000を超える書簡や日記、収集家の証言などから知られざるエッシャーの波乱に満ちた人生、そして創作の足跡を丁寧にたどります。
また、70年代のサイケデリック・ムーブメントの時代にエッシャーからの影響を多大に受けたロックミュージシャンのグラハム・ナッシュへのインタビューや、人々の日常生活の中に見られるエッシャーの影響など、その創造力の源泉をアニメーションのCG手法も取り入れながらさまざまな角度から探っていきます。
これ、1回観ただけでは結構奥が深くて理解できませんねー。でも、でんぐりでんぐりが動く様はかわいいので、メディアで販売されたら買っちゃうかも。
劇場で鑑賞。

Driven(邦題:ジョン・デロリアン)
(Sta:Lee Pace、Jason Sudeikis,Dir:Nick Hamm 2019 Universal Studios)

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」3部作で使用され、世界的に有名になった車・デロリアン(DMC-12)。その開発者であるジョン・デロリアンの破天荒な半生を描いたドラマです。
1977年、南カリフォルニア。麻薬密売の現場をFBIに押さえられたパイロットのジム・ホフマンは、罪を問われない代償としてFBIの情報提供者となります。
ジムの隣人であるジョン・デロリアンはかつてゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わり、現在は自身の夢のために新たに会社を立ち上げ、革新的な車「デロリアン」の開発に勤しんでいました。
美しい妻子とともに素晴らしい家に住み、夢を追いかけるジョンの完璧な人生にジムは羨望のまなざしを向けていましたが、ジョンの会社は新車開発でさまざまなトラブルが発生していました。
ジョンが資金繰りで困っていることを知ったジムは、隣人として友人となったジョンを麻薬密売の罪でFBIに売り渡す計画を企てます。
新車開発に情熱を燃やすというのでは、「タッカー」に似たところもありますが、ジョン・デロリアンは純粋だったんだなぁという感じの、ヒューマンドラマです。
劇場で鑑賞。
Tucker:The Man and His Dream(邦題:タッカー)
(Sta:Jeff Bridges,Dir:Francis Ford Coppola 1988 Paramount Pictures)

ジョージ・ルーカス製作総指揮のもと、フランシス・フォード・コッポラ監督により、1940年代アメリカの巨大自動車産業界にたった1人で挑んだ男 プレストン・トマス・タッカーの実話を映画化したヒューマンドラマです。
1945年春、戦争が終結しアメリカが新しい時代を迎えようとする中、デトロイト郊外の街で自動車工場を経営するタッカーは、自らの理想とする新しい自動車を作ることを決意します。
仲間たちと試行錯誤の末、速さのみならず安全性や高級感も追求した夢の車「タッカー・トーピード」を完成させた彼は、巧みな広告戦略で瞬く間に世間の注目を集めます。
しかし、巨大な自動車産業界や保守的な財政界が彼の前に立ちはだかり、タッカーは「ありもしない車を売ろうとした詐欺師」に仕立て上げられ、法廷に立たされることになります。
51台しか完成していないタッカー車のうち、47台が現存していて、そのほとんどがスクリーンに登場していました。
ビッグスリー(フォード・GM・クライスラー)に潰されなかったら、アメリカの自動車業界は違ったものになっていたかもしれませんね。
当時劇場で鑑賞。

Star Wars: The Rise Of Skywalker(邦題:スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け)
(Sta:Carrie Fisher、Mark Hamill、Adam Driver、Daisy Ridley,Dir:J.J. Abrams 2019 Walt Disney Studios Motion Pictures)

1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結します。
レイ、カイロ・レン、レイア・オーガナ、ポー・ダメロンをはじめとするキャラクターたちを待つ運命が、壮大なスケールで描かれます。
ファースト・オーダーの最高指導者となったカイロ・レンは銀河各地に勢力を広げていき、その中で銀河の未知の領域にある惑星エクセゴルにたどり着く。そこでカイロ・レンは、かつての銀河帝国皇帝であり、死んだと思われていたパルパティーンの秘密を目の当たりにする。一方、レジスタンスのレイア・オーガナ将軍の下でジェダイとして修行を積んでいたレイは、スパイからもたらされた「パルパティーンが生きている」という情報の真偽を探るため、フィンとポー・ダメロン、チューバッカら仲間とともに砂漠の惑星パサーナへと向かいます。
光と闇のフォースをめぐって、二人の運命は最終決戦に委ねられます。
1977の第1作をリアルに観て、シリーズ全9作をリアルタイムで観られるとは思いませんでした。
新3部作は酷評ですが、個人的にはこういうのもありかと思います。ルークも、ハンも、レイアも死んでしまい、ちょっと悲しいですが。
劇場で鑑賞。
決算!忠臣蔵
(Sta:堤真一、岡村隆史,Dir:中村義洋 2019 松竹)

忠臣蔵で知られる大石内蔵助が記した決算書を基に、討入り計画の実像に迫る山本博文の著作を実写映画化しました。予算内で討入りを成し遂げようとする家老と勘定方の奮闘を描きます。
1701年(元禄14年)、赤穂藩藩主・浅野内匠頭が江戸城・松之廊下で刃傷騒ぎを起こし、浅野家お取り潰しと内匠頭の即日切腹が決まります。筆頭家老・大石内蔵助はお家再興のために幕府へ働きかけるが、その思いは断たれてしまいます。江戸の庶民たちは吉良上野介へのあだ討ちを熱望するが、討入りするにも多額のお金が必要だったのです。
生活費や食費に家賃、江戸までの往復旅費、討ち入りするための武具。お金はどんどん出ていくばかり。節約する人もいれば無駄遣いする人もいて、プロジェクトは超難航。予算が足りずに、やる気満々の浪士たちのリストラも余儀なくされる始末。どうする大石内蔵助! ?
予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは予算内で、一大プロジェクト、仇討ちを、無事に決算することができるのか! ?涙と笑いの予算達成エンタテインメントです。
いやぁ。これ、面白い。キャスト陣がまたいい味出す方ばかり。
劇場で鑑賞。

The Recruit(邦題:リクルート)
(Sta:Al Pacino、Colin Farrell,Dir:Roger Donaldson 2003 Touchstone Pictures)

マサチューセッツ工科大学の学生ジェイムズ・クレイトン。
彼はその優秀な成績から、卒業後の進路もPCメーカーから特別に誘いを受けるなどエリート街道を約束されていました。
そんなジェイムズはある日、アルバイト先のバーでウォルター・バークという男に出会います。彼はCIAのベテラン教官でリクルート担当者で、ジェイムズに関する情報を全て調べ上げたうえ、その能力を見込んで採用するために訪れてきたのでした。
ジェイムズは悩んだ挙げ句、不審な死を遂げた父の謎を解明したいという思いと、スリリングな生活を送りたい気持ちから、就職先をCIAに絞り、採用試験をクリア、晴れて訓練生となるのですが、彼を待っていたのは友情や愛をも利用する非情な訓練でした。
やがて彼に初のミッションが下されます。それはCIAに採用された二重スパイの摘発。しかもそのターゲットはジェイムズが愛する女性レイラだったのです。
コリン・ファレルが売れ出した頃の1本、まだ若いなぁ。
劇場で鑑賞。


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.