RockzGoodsRoom >

 Rockz の愛車 TMAX530 と、バイクの話題の部屋です。
  ※ここに掲載のカスタムを参考にされる場合はあくまでも個人の責任でお願いします。

Last Update 2020/08/09

2018年2月25日から無事故・無違反 日継続中です(^_^)ノ

    

        


  

      PAST

2001年にこれまでなかった「大型二輪免許で乗るスクーター」という、メガスクーターなるカテゴリで、YAMAHA TMAXが登場しました。
「オートマチックスポーツ」というカテゴリは二輪の世界に新しい風を吹き込んだと実感しています。

そして、2002年3月8日から15年間、2017年3月11日まで、4台のTMAXを乗り継いできました。
理由あって、現在は一旦二輪からは降りていますが、また乗れる日が来ればいいなぁと思います。
とりあえず、過去に乗ったTMAXたちです。
 
YAMAHA TMAX
(BC-SJ02J)


2002.03.08~2005.04.16乗車
走行距離 44,186km

詳しくはこちら

Left View

with ODYSSEY
YAMAHA TMAX
(BC-SJ04J)


2005.05.02~2008.12.27乗車
走行距離 76,142km

詳しくはこちら

Left View

with Edix
YAMAHA TMAX
(EBL-SJ08J)


2008.12.28~2013.03.09乗車
走行距離 45,109km

詳しくはこちら

Left View

with STREAM
YAMAHA TMAX530
(EBL-SJ12J)


2013.03.30~2017.03.11乗車
走行距離 37,949km

詳しくはこちら

Left View

with JADE

 バレンティーノ・ロッシが1年ぶりにポリウムへ

敬愛してやまない、MotoGPライダーの、バレンティーノ・ロッシ。
1979年に生まれ、GPレーサーとしてのキャリアは、1996年から。
125ccクラス、250ccクラスでワールドチャンピオンとなり、2000年からMotoGPの全身である、WGP500クラスへHondaから参戦。翌2001年にはタイトルを獲得しました。
MotoGPとなった2002年、2003年にもタイトルを獲得、翌2004年にYAMAHAに移籍、同年および翌2005年にもタイトルを獲得。
2008年と2009年にもタイトルを獲得し、2011年にはDUCATI に移籍しますが在籍2年間無勝利、2013年にYAMAHAに復帰しました。

その後も現在までYAMAHAに在籍していますが、来シーズンからは、現在のファクトリーチームでは契約しないことが明らかにされています。

MotoGPでの優勝回数は89回、通算のワールドチャンピオンには9度(MotoGP:6回、500cc:1回、250cc:1回、125cc:1回)は、歴代ライダーの中で、同率3位。MotoGPとWGP500の両方でチャンピオンになった唯一のライダーで、125、250、MotoGP(旧500)の3クラスでワールドチャンピオンになったのは、マイク・ヘイルウッド、フィル・リード、バレンティーノ・ロッシ、マルク・マルケスの4人しかいません。

現在、41歳。
MotoGPライダーの大半が30歳以下の中、最年長でトップカテゴリーでもう19年闘い続けています。

    #46はずっとロッシのナンバー

ゼッケン46は、父グラツィアーノが現役時代の1979年に優勝した3戦で使用していた番号で、チャンピオンは翌年ゼッケンナンバー「1」をつけることが許されるのですが、ロッシはずっと46です。

そんなロッシが、最後にポリウム(1・2・3位の表彰台)に上がったのは、2019年のアメリカGPでの2位。
もう、体力的にも限界なのかなぁと思われていたのですが、さすがロッシ、やってくれました。

7月26日のアンダルシアGPで、レース終盤まで2番手を走行。残り2周というところでチームメイトのマーベリック・ビニャーレスに交わされたものの、3位表彰台を獲得しました。
1年ぶりのポリウム。

    いいねー

ロッシは、来季、ファビオ・クアルタラロラロと入れ替わる形で、YAMAHAのサテライトチームのペトロナス・ヤマハSRTに移籍することが確実視されていますが、まだまだ現役でがんばってほしいですよねー。
ちなみに、来季ファクトリーチーム入りする、ファビオ・クアルタラロラロは、1999年生まれの21歳。ロッシと倍ほど違いますね。彼が生まれる前から、ロッシはレースキャリアをスタートさせていたんですから。
まだまだやっぱり活躍してほしいです。

 最速バイク Kawasaki Ninja H2

Kawasaki Ninja H2。
スーパーチャージドエンジン搭載のオートバイです。

    これ

「トップガン マーヴェリック」でトム・クルーズ演じるマーヴェリックが、前作ではGPz900でしたが、今回はこれに乗ります。

このバイクが、世界中のライダーが最速に挑むモータースポーツイベント「ボンネビルスピードウィーク」で、2018年に世界最速記録337.064km/hを樹立しました。

    世界最速記録マシン

川崎重工は、7月1日、企業ブランドムービー「カワる、サキへ。」の最新作「モーターサイクル篇」を公開したのですが、そこでこの2018年のボンネビルの様子を取り上げています。(こちら

「ボンネビルスピードウィーク」は、アメリカ合衆国ユタ州北西部に位置するグレートソルト湖の西に位置する中で最も大きい、100平方マイル(260km2)にも及ぶ塩湖の跡にできた平原、ボンネビル・ソルトフラッツで毎年8月に開催される、地上最速を競うモータースポーツです。

    塩の大地

数十種類のカテゴリ分けがなされており、50ccのオートバイからロケットカーまでが記録を競います。Nija H2は、P-PB1000(1000ccまでの過給エンジンを搭載した市販モデル)というカテゴリでの世界最速となります。

では、そのボンネビルで記録された、世界最速の四輪車、二輪車は?というとですが、まずは世界最速の四輪は、スラストSSCという、ターボジェットエンジン搭載の「車」で、1997年に1,227km/hを記録しています。

    車・・・か?

世界最高速の二輪は、ACKという、スズキ隼のエンジンをベースとした、1,299ccターボエンジンを2基積んだ「バイク」で、2010年に605.697km/hを記録しています。

    バイク・・・か?

どちらも究極の直線番長ですね・・・。

ちなみに、Kawasaki H2、2016年には、クローズドコース専用のH2Rを使用し、トルコのイズミット湾にかかる世界第4位の長さを誇る長大吊橋イズミット湾横断橋(2,682m)を閉鎖して行われたスピードチャレンジで、スタートから26秒で、400km/hを記録し、正真正銘の量産市販車による「地上最速記録」を公道で打ち立てました。(こちら

    400km/h達成の瞬間

スリックタイヤを履いてのチャレンジでしたが、そのスリックタイヤがチャレンジする速度域を支えられる限界は30秒以内だったそうです。
そして、動画の最後にはH2Rのキーをオンにして表示される、MAX SPEED 400km/hの表示がステキ。

    カッコイイ

この今回のチャレンジに使われたNinja H2Rですが、オリジナルセッティングで無改造。それでも310ps。恐ろしい・・・。

 PRESTOコーポレーション 事業終了

1996年(平成8年)の創業以来、ヤマハ輸入バイクの販売を行ってきたPRESTOコーポレーションが、2020年(令和2年)6月をもって事業を終了ことを発表しました。

  

twitterアカウントは、既に5月末で抹消したようで、HPは上の画面がほぼ残るのみです。

私のTMAXも08と530はPRESTOから仕入れたものでした。

元々は、国内の馬力自主規制があり、同じバイクでもフルパワーの海外仕様を逆輸入して、本来の姿で走らせる。そんな役目を担っていてくれたのが、PRESTOコーポレーションでした。
しかし、2007年(平成19年)に日本自動車工業会と国土交通省は、国産オートバイの最高出力を100馬力に抑えている馬力自主規制を廃止することで合意しました。

自主規制には、上限値である100馬力のほか、400cc級では53馬力、250cc級では40馬力など、排気量別に10段階ありました。
国内の馬力自主規制が撤廃され、国産オートバイを一度海外に輸出し、再び日本に輸入して販売する「逆輸入車」も大きく減り、結果、プレストが扱っていた「逆輸入車」に存在意義が無くなってしまいました。
2007年(平成19年)には、21車種を取り扱っていましたが、最後の年の今年は、1車種のみとなっていました。

事業を終了してもなお、新車購入時の製品保証についてはサービスを継続するそうで、PRESTOのYAMAHA愛は続くようです。

PRESTOコーポレーション、あきさんのところを通じてのおつきあいでしたが、ありがとうございました。


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.