RockzGoodsRoom >

 Rockz の愛車 TMAX530 と、バイクの話題の部屋です。
  ※ここに掲載のカスタムを参考にされる場合はあくまでも個人の責任でお願いします。

Last Update 2019/12/29

2018年2月25日から無事故・無違反 日継続中です(^_^)ノ

    

        


  

      PAST

2001年にこれまでなかった「大型二輪免許で乗るスクーター」という、メガスクーターなるカテゴリで、YAMAHA TMAXが登場しました。
「オートマチックスポーツ」というカテゴリは二輪の世界に新しい風を吹き込んだと実感しています。

そして、2002年3月8日から15年間、2017年3月11日まで、4台のTMAXを乗り継いできました。
理由あって、現在は一旦二輪からは降りていますが、また乗れる日が来ればいいなぁと思います。
とりあえず、過去に乗ったTMAXたちです。
 
YAMAHA TMAX
(BC-SJ02J)


2002.03.08~2005.04.16乗車
走行距離 44,186km

詳しくはこちら

Left View

with ODYSSEY
YAMAHA TMAX
(BC-SJ04J)


2005.05.02~2008.12.27乗車
走行距離 76,142km

詳しくはこちら

Left View

with Edix
YAMAHA TMAX
(EBL-SJ08J)


2008.12.28~2013.03.09乗車
走行距離 45,109km

詳しくはこちら

Left View

with STREAM
YAMAHA TMAX530
(EBL-SJ12J)


2013.03.30~2017.03.11乗車
走行距離 37,949km

詳しくはこちら

Left View

with JADE

 大阪モーターショーでバイクも見ました

Car Roomでアップしていますが、こちらでも。
8日に、大阪モーターショー行ってきました。
バイクは、ホンダとスズキが出展していましたよー。残念ながら、YAMAHAはなかったです。
詳しくはこちらからご覧くださいね。

 TMAXが560ccに

イタリア・ミラノで今日まで開催されていた、「EICMA 2019(ミラノショー」で、新型の「TMAX560」「TMAX560 Tech MAX」が発表されました。

    ぱっと見はTMAX530とそう変わらない

今回のモデルチェンジの最大の特徴は、排気量が前モデルの530ccから、新型は562ccにアップしたところと、TMAX20周年を記念してか、テールランプの発光デザインをLEDの「T字型」に変更しているところでしょうか。あと、シートの幅が細くなって、足つき性能も向上しているそうです。

    リアは細くなってますね

    TT兄弟・・・

    シート前の方は細くなってる

フロントウインカーはボディラインによりフィットしたLEDを採用しています。

エンジンは排気量を562ccに拡大。欧州の免許制度に関連して、欧州使用でのパワースペックは35KW(47.2PS)のままですが、トルクは6%も増強され「より速く、よりダイナミックに」という開発コンセプトに合致するものになったそうです。
530のボア&ストロークが68.0×73.0mm、560は70.0x73.0mmのようなので、ボアアップしたんですね。

2020年から欧州で始まる排ガス規制の「EURO 5」をクリアすべく、燃焼室の形状を変更。吸気バルブと排気バルブのタイミングが変更され、より大きな27mmの吸気バルブが取り付けられています。

トラクションコントロールや2レベルのD-MODEなどに加え、「センタースタンドロック機構」が加わり、盗難抑止効果を高める装備も追加されています。

    相変わらずな容量のメットイン

    キーレスですね

    メーター周りは530と基本的に同じかな

ちなみに、「TMAX560 Tech MAX」は、スタンダードな「TMAX560」をベースに、電動スクリーン、クルーズコントロール、グリップ&シートヒーター、アジャスタブルリアサスペンション、ゴールドカラー(アウター部)の倒立型フロントフォークなどを装備した上級グレードとなるそうです。

このままいくと、いずれTMAX750とかにならないかなぁ。ならんか(笑)

 BOSHが二輪車向け安全運転支援システムの公道試験してます

四輪の世界は、安全装備がどんどん進んでいるのに、二輪はどうなんだろうと調べていたら、BOSHがすでに公道試験までこぎつけていました。

2019年3月より日本国内で初めて先進的な二輪車向け安全運転支援システム「アドバンスト ライダー アシスタンス システム」の公道試験を開始していて、これは日本の道路環境に対応したシステム開発だそうで、この「アドバンスト ライダー アシスタンス システム」は2020年より量産開始だそうです。

    こんな感じでやってるらしい

    KTMの1290スーパーアドベンチャーSかな

BOSHの事故調査報告では、二輪車事故の主要因の2つは、ライダーが二輪車を制御できなくなってしまうことと、他の車両との衝突。交通事故の10件中9件が人為的なミスに起因することから、二輪車車両によりインテリジェントな安全技術を装備すべきだと主張しています。
BOSHは既に、二輪車向けにABS(アンチロック ブレーキ システム)や、MSC(モーターサイクル用スタビリティコントロール)などのアシスタンスシステムを提供していますが、今回の技術はさらにその先に向かおうとするものです。

BOSHの事故調査報告では、レーダーベースのアシスタンスシステムの装備で、二輪車事故の7件に1件を防ぐことができたともあります。

ボッシュの新しい二輪車向けテクノロジーについてですが、大きく3つ。

● ACC(アダプティブ クルーズ コントロール)
車ではだいぶん普及してきていますね。
ACCは交通の流れに合わせて車速を調整し、前走車との安全な距離を維持、前走車との距離が不十分なために発生する追突を効果的に防ぎます。ACCの装備で、ライダーは利便性の向上を感じるだけでなく、渋滞の中でも走行により集中できます。

    イメージ

ライダーではなくシステムがスロットルとブレーキをコントロールするのですが、それぞれ既存の電子制御スロットルとABSを有効活用しています。レーダーの情報を活用する制御ソフトを開発することで、ACCが利用可能となるそうです。

設定速度は、原則として採用するメーカーが設定する領域らしいです。ただし、今の公道試験の基本形ではクルーズコントロールの速度設定は任意だそうです。加速では100㎞/hに設定すれば100㎞/hまで、110㎞/hにすれば110㎞/hを上限に前車を追走するとのこと。
減速は30㎞/h以下になるとライダーにコントロールを戻すという設定で、その際にはアラート等で知らせてくれるらしい。歩くような渋滞ではACCは機能しないということになりますね。車も低速度では解除されちゃうし。


●衝突予知警報
追突事故のリスクを低減、または二次衝突の被害をできるだけ軽減する二輪車向けの衝突予知警報です。このシステムは、車両が始動するとすぐに作動し、速度域全体でライダーをサポートします。
他の車両が危険なほど接近し、ライダーがその状況に何も対処しないことを検知すると、聴覚的、または視覚的な信号を通じてライダーに警告します。

    イメージ

「視覚的」ってとこが重要だよなぁ。通常、風の音とかで、インカムとかスピーカーないと音は拾えないですからね。


●死角検知
車両の周囲をモニターし、ライダーが安全に車線を変更できるように支援します。その際、電子の目として機能するレーダーセンサーが、ライダーから見えづらい位置にある対象物を確認し、死角に車両が来た際には、ミラーに視覚信号などを表示し警告します。

    イメージ

こうなると、ほぼ車と変わらないですねー。

ミリ波レーダーが前後に搭載されているようですね。

    フロントの四角い箱がレーダー

    リアはナンバープレートの上

フロントはどのモデルでも搭載可能っぽいですが、リアは形状を選びますかね。
まぁ、電子デバイスとの兼ね合いがあるから、後付けは無理でしょうけど。

気になるディスプレイ表示ですが・・・

    メーターディスプレイに表示されたACC設定画面

手元のスイッチひとつで簡単に任意の速度に設定できるそうです。

    衝突予知警報のデモ画面

うーん。モニター見てなかったら、果たして音だけでライダーは反応できるのだろうか。

    死角検知のデモ画面

右上の黄色△は、右後ろの死角に車両がいることを示すらしい。

2020年にはドゥカティとKTMの二輪車にこのBOSHのシステムが搭載されることになるそうですが、日本でも二輪車事故は少なくなく、また、ここにきてリターンライダーと呼ばれる中高年ライダーが増えていることもあって、早期の搭載が望まれるようですね。
ホンダなども二輪車用自動ブレーキの開発を進めているようですが、四輪と違ってライダーの意図しないブレーキングが行われると、シートベルト等で保持されていない人間が放り出される恐れがあるなど、より危険性が増すという指摘も少なくないそうです。
確かに、衝突予知警報をONにしたまま峠を車で走ると、タイトコーナーとかで前方のガードレールに反応して勝手にブレーキ動作する時もありますし。あれ、バイクで同じシチュエーションならかなり恐怖ですよね。

さてさて、来年以降どうなりますやら。


■ RockzGoodsRoom  ■ Sitemap    Copyright(C) RockzGoodsRoom All Rights Reserved.